小泉 るみ子 Rumiko Koizumi

小泉 るみ子 Rumiko Koizumi

1950年、北海道に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、絵描きを志す。縁あって、児童書の世界に。絵本「四季の絵本」、「バスをおりたら...」、「ねたふり」(以上ポプラ社)、「山のとしょかん」(文研出版)、「ひかるさくら」(岩崎書店)、「海のむこう」(新日本出版社)など。挿絵「しっぱいにかんぱい」などかんぱいシリーズ(童心社)、「チョコレートと青い空」(そうえん社)、「七夕の月」(ポプラ社)など多数。好きなもの、子どもの笑顔。大嫌いなもの、子どもの気持ちがのわからない(わかろうとしない)大人。子ども達がワクワクしてくれるような絵本が、1冊でも多く描けたらなあ、と思う今日この頃。

  • 山猫(正装)