童美連は何をしている団体なの?


    ★ 童美連紹介のパンフレット画像はこちら


● 著作権に関する活動を行っています。

  
著作権の擁護活動、研究、啓蒙など。
  また、各団体に所属して一緒に活動しています。
  ・日本美術著作権連合(日本美術著作権機構日本複製権センター) 
  ・日本著作者団体協議会
  ・児童書出版者・著作者懇談会
  ・出版物貸与権管理センタ−      
  ・出版ADR             など

● こどもの本関係の団体とも一緒に活動しています。 

  
・子どもの読書推進会議
  
 

  作家団体とも交流しています。 ・日本児童文学者協会
                      ・日本児童文芸家協会
                      ・日本美術家連盟
                      ・日本漫画家協会
                      ・日本グラフィックデザイナー協会
                      ・日本図書設計家協会        など



● 展覧会を行いました。

★ 2014年3月19日より25日までと
   2012年3月8日より14日までの2回
  日本橋丸善3Fギャラリーにおいて
  東日本復興支援チャリティー展を行ないました。
  売り上げの純利益は社会福祉法人日本保育協会を通して
  被災地の保育園に寄付しました。


2006年3月20日より4月7日まで。大崎にある
  ミツムラ・ア−ト・プラザにおいて原画展を行ないました。


 
2000年7月20日より8月13日まで。大崎ゲートシティにおいて。
   「子ども読書年」公認イペント「ドキドキワクワク子どもの本ワールド」を企画、
   (主催 子どもの本ワールドタ行委員会。子ども読書年推進会議。子どもと本の出会いの会)
   童美連自体は・絵本原画展「いのち」21世紀の子どもたちへ
             特別展示「さっちゃんのまほうのて」たばたせいいち、
                   「絵で読む 広島の原爆」西村繁男
             (芸術文化振興基金助成事業、企業メセナ協議会認定)
            ・講演会(田畑精一)(西村繁男)(和歌山静子+西内ミナミ)絵本開き読み(川端誠)
   を行いました。(他団体の主催で会員の太田大八、長谷川知子出演の対談が行われました。)
   会期中の入場者は30,137人を数えました。


● 作品集を発行しています。



WHO’S WHO No.2


発行 1995年3月
B5版 292ページ (カラーページ 221ページ)



WHO’S WHO No.3

発行 1998年3月
B5版 268ページ (カラーページ 208ページ)

WHO’S WHO No.4

発行 2002年3月
B5版 306ページ (カラーページ 251ページ)

WHO’S WHO No.5

発行 2006年3月
B5版 312ページ (カラーページ 260ページ)
     

WHO’S WHO 「すき
きらい」

発行 2009年9月
B5版 396ページ (カラーページ 253ページ)

     
     WHO’S WHO No.7

発行 2015年2月
B5版 368ページ (カラーページ 234ページ)


● 理事会は月一回開かれています。   

   
童美連の理事会は会員なら誰でも参加できる開かれた会です。
   各種審議のほかに情報交換、懇親の場でもあります。

● もちろん会員相互の交流の機会もつくっています。

  
毎年3月には編集の方などをお招きしての懇親会が開かれます。
  イベントが行われる事もあります。12月には忘年会もやります。



  入会のご案内


   入会されるには、仕事として子ども関係の出版物,またはそれに準ずるものに
  絵を描かれている事が前提となります。その上で会員2名の推薦が必要です。
  もし会員に知り合いがなく推薦を頼めない場合は、事務局にご相談ください。
   手続きとしましては、所定の入会申込書1通に必要事項(推薦者の署名が必要)
  をお書きになり、自作出版作品複数点(仕事上のもの。単行本の他、雑誌などの
  ページもの、教科書、教材関係でも結構です。作品はお返し致します)を添えて
  提出していただきます。入会審議の理事会には少なくとも推薦者1名に出席して
  もらい、推薦のことばを言っていただきます。推薦者のいない場合は推薦者の署
  名、推薦のことばに替えて「入会したい理由」の手紙を添えていただきます。
  理事会後に事務局より結果をお知らせし、入会承認の場合、会費
  (入会承認の月より月割り計算)の納入をもって完了します。
    理事会は8月と3月を除き原則的に月一回行なわれています。入会書類などは
  事務局への手続きの済んだ時点で間に合う理事会に提出されます。


 必要書類  入会申込書    1通  (推薦者の署名が必要)         
   自作出版作品(仕事上の) 複数点 
   (推薦者のいない場合は「入りたい理由」の書面)
 入会金  10,000円
 年会費  20,000円 
   
 お問い合わせ先 一般社団法人 日本児童出版美術家連盟 事務局
   160-0022 東京都新宿区新宿2-7-3 ヴェラハイツ新宿御苑301 
   Tel. 03-3354-2022 (月曜から金曜、午後1時から5時)




   一般社団法人
 ●日本児童出版美術家連盟(童美連) Top Page