(C) Shiro Fujimoto
童美連は1964年、いわさきちひろさん・太田大八さん・長新太さんなど絵本や子どもの本のさし絵を描く画家たちが、自らの著作権を確立し守ることを主な目的に作った団体です。
当初150人余で出発した童美連は現在300人余となり、昨年任意団体から一般社団法人となりました。20才代から80才代の幅広い年代の画家たちが会員として活動しています。

子どもの出版文化に携わる私たちは、子どもや子どもの心を持つ大人たちに絵を通して語りかけ、人の心と心をつなぐ"コミュニケーションアート"の画家と呼んでいいでしょう。
明るく目を輝かせる子どもの顔を思い浮かべ、未来に希望を託しながら日々個性豊かな絵を描き続ける私たちは、著作権などを守る活動のみならず、東北大震災で被害をこうむった子どもたちのためにチャリティ展を開くなど社会的活動も行っています。

童美連は、会員1人ひとりが職業画家としての誇りを持ちながら日々活動している楽しい"コミュニケーションアーティスト"の団体です。



理事長    藤本 四郎


  一般社団法人
●日本児童出版美術家連盟(童美連) Top Page